ギャンブル時に使うお守り

カジノではお守りなんて必要ないという方もおられるかもしれませんが、本当の大勝負をする時には有れば嬉しいものです。運が回ってこないと感じた時、持っていると心強いお守りは以下のようなものです! 

四つ葉のクローバー 

これこそが間違いなく最も有名で最も効果のあるお守りに違いありません。数多くの人がそう実感しています。ギャンブルで使われるだけでなく、幸運が必要なことなら何にでも効力を発揮します。三つ葉の通常のクローバーの象徴性になかなか見つけられない四つ葉の希少性が加わって、幸運を呼び寄せる強力なお守りとなっているわけです。 

ハムサの手 

手の平に目のあるハムサの手は、中東北アフリカの文化圏の幸運の象徴です。2種類のハムサの手が有り、それぞれ魔除けと幸運の引き寄せという異なる効力を持っています。 

3本足のヒキガエル(ジンチャン、チャンチュウ) 

ジンチャンまたはチャンチュウとも呼ばれる3本足のヒキガエルは、富を引き寄せる風水のシンボルです。 

招き猫 

日本の招き猫は、ビジネス上の成功を祈念する縁起物として人気があります。 

猫目石(クリソベリル) 

金緑石(クリソベリル)の変種で、欧米ではとても好まれている宝石です。光の効果で猫の目のような模様が浮き出るという特徴があり、幸運をもたらすと考えられています。 

ラビッフット(ウサギの足) 

アフリカ、英国、メキシコなどの地域で人気の高い幸運のお守りです。ウサギが賢いため、幸運をもたらすのだとされています。 

ラッキーペニー 

1セント硬貨はどんな時縁起物と考えられるでしょうか?道に落ちている1セント硬貨を見つけた時、それは幸運のお守りとして使用できます。 

ドングリ 

病気や雷を避け、幸運を呼び込むお守りであると信じられているのがドングリです。雷の落ちるオークの木になるドングリは、神の加護を受けていると考えられています。 

 

ドイツでは豚に幸運が宿るとされています。ドイツ語では「豚を手に入れた」という大当たりや思いがけない幸運を得ることを意味することわざがあるほどです。ドイツの歴史と文化において豚は重要な動物で、クリスマスの後には豚の形のお菓子が縁起の良いものとして店頭に並びます。 

蹄鉄 

幸運と魔除けのお守りです。お守りとしての起源は聖ダンステンの伝説を初めとしていくつかの説があります。 

ダーラヘスト 

木製の馬を模した、幸運をもたらす伝統工芸品です。スウェーデン文化に起源を持ち、子供の玩具として、また家屋を飾る置物としても使われます。 

鯉の鱗 

クロアチア、オーストリア、ポーランド、チェコといったヨーロッパの国々では、鯉の鱗を持ち歩くことで幸運を呼び込むことが出来ると信じられています。その効力は、次のクリスマスのご馳走として鯉を料理するまで、つまり最長1年間です。 

 

最後になりますが、象も幸運を引き寄せる強い力を持っています。風水を実践するアジアの人々の間では、象は幸運や強さ、力、安定の象徴です。 

他にもある幸運のお守りやギャンブル前の縁起担ぎ 

カジノでのギャンブルの際に幸運を呼び込む方法は他にもたくさんあります。例えば、赤いアンダーウェアを身に着ける、女性ならば生理時に大勝負を行う、カジノには入口から入場しない、ギャンブル前のセックスは避ける等々です。 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *